台湾、香港、中国のテレビ局ニュース報道を使ったインバウンドマーケティン | 中国広告インフォメーション

台湾、香港、中国のテレビ局ニュース報道を使ったインバウンドマーケティング

更新日付:2016年09月19日

台湾や中国のテレビ放送に取り上げられた時のマーケティング効果についてご説明いたします。

日本でもテレビや雑誌、新聞などのメディアに取り上げられること(取材として)で大変大きな反響を出すことができます。
たった1回のテレビ放映で、売上が何倍にもなることは少なくありません。
理由は、テレビで放映されたお店や商品は信用や品質を担保できること。そしてそれが口コミで広がり情報が伝達することで大きな反響に繋がります。
テレビが放映されると他のメディア(新聞や雑誌、ネットニュース)もそのネタを取材、また転載されることも大きな要因です。

海外でも全く同じであり、台湾や香港、中国のメディアに取り上げられることでその国の外国人にはかなりの影響をもたらします。
逆に、日本よりも海外で報道される方が限られた情報量ということもあり報道コンテンツは注目を浴び、情報拡散性が高いことがうかがえます。

過去にどのような情報が海外報道にされているのかをご覧ください。
※当社では2012年から台湾、香港、中国のテレビ局20社とのコネクションがあり年に数回、訪日取材のお手伝いを行っております。

<過去の取材依頼内容>
・東京のサクラ
・東京スカイツリー
・東京イルミネーション
・お台場夢大陸
・新宿バスターミナル
・池袋アニメフェスタ
・大阪通天閣
・築地市場
・スーパーマーケットイベント
・台湾人が購入する日本不動産について
・日本美容医療最前線
・日本ドラッグストアー最前線
・ファッション関係
・医学などの学会関係
・ポケモンGO

取材のオファーはテレビ局のチャンネルによって異なり総合テレビ番組のニュースであれば「観光地」「イベント」「トレンド」が中心となり、投資関連のチャンネルであれば、不動産投資などの資産運用などが取材対象となっています。
また新しい分野や業種企業が台湾に進出予定であれば取材の可能性は高く台湾進出後の経過などを視野に入れて取材します。
行政の高齢化エリアの対策や貧困対策などの社会問題にも興味があるようです。
一般的な取材対象として3つのポイントをご説明します。

<海外のテレビ局に取材をされる3つのポイント>
【1】その国に関連する人物の活躍や話題。
例えば、台湾のテレビ局であれば、

・在日台湾人や台湾人留学生が活躍している。
・訪日する台湾人旅行者が話題にしているお店や商品。
・台湾に進出を予定している店舗や商品
など

【2】台湾では見られないサービス。特にAIやITを使った最新鋭の
 接客サービスや技術など

・3Dプリンター造形を使った美容整形
・AI(人工知能)を使った接客サービス
・日本文化×最新鋭カプセルホテル
など

【3】日本の観光地やイベント

・佞武多祭りや日本3大祭りなど
・村おこし、地方再生対策について
など

<取材で終わりでなく、取材が始まり>
海外のニュースメディアの取材を受けることができ、海外で放映されたとしましょう。それは終わりでなく、それが反響を出す始まりになります。
海外のテレビ局では、テレビ放映されたニュースは動画に変換し自社のYoutube公式サイトや自社のオフィシャルサイト、オフィシャルFacebook
に掲載してくれます。

これが拡散を爆発的に大きくできる仕組みです。
ほとんどのテレビ局は月間1000万PV以上のアクセスがありますし、公式Yuotubeチャンネルの登録者数は20万人以上、公式Facebookの登録者数も200万人以上です。
また他のメディアにも転載がありますので、さらにアクセスを増やすことができます。
またニュースは検索エンジンもにヒットしやすいので、反響が1年以上続いている企業も多いです。

台湾、中国、香港のテレビ取材のことならお気軽にお問合せください。